代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 私たちの診療 > 皮膚  > 乳房外パジェット病

乳房外パジェット病

乳房外パジェット病の情報

外陰部、肛門部、腋窩、へそなどにできることがあるまれな皮膚がんで、腺がんの性質を持ちます。最初の症状はかゆみを伴う紅斑なので、湿疹や真菌症と誤診されることがあります。表皮内で拡大している時期では、臨床的に紅斑や脱色素斑ですが、深部に浸潤すると紅斑の中に腫瘤を形成し(図6)、リンパ節転移や遠隔転移を起こすことがあります。


     (図6)

 

治療について

治療の第一選択は手術ですが、がん細胞が広い範囲に、また複数箇所に認められることがあるため、境界がはっきりしない場合は、手術の前に疑わしい場所から何箇所か生検し、がんの範囲を決定してから手術を行います。手術ができない場合や、遠隔転移がある場合は放射線療法、化学療法を単独あるいは組み合わせて行います。

紹介時から治療までの期間

治療・検査内容

初診~入院までの期間:通常

担当診療科

手術

1~3週間

皮膚腫瘍科
抗がん剤治療

1~2週間

皮膚腫瘍科

放射線治療

2~3週間

皮膚腫瘍科