代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 診療科 > 外科系 > 頭頸科

頭頸科

更新日:2022年5月16日

English

診療方針

診療体制と基本理念

九州がんセンター頭頸科には10名の医師が在籍しています。頭頸部癌専門医制度の指導医3名、認定医3名、日本癌治療認定医機構認定医3名が在籍しています。大学病院や他のがんセンターでも、マンパワーの不足から最適な頭頸部癌医療ができないケースがありますが、当科は潤沢なスタッフによる医療が行えていると自負しております。当科では頭頸科医師全員が参加する朝のカンファレンスを毎日行っており、入院・外来患者の情報を、きめ細かく収集しています。初診時から再発時まで迅速に治療計画を立てていることが、これからご紹介する治療成績につながっていると思っています。また、頭頸部癌治療は単科で行える様ものではなく、多くの診療科やコメディカルの協力が必要になります。当院はがんセンターならではの、垣根の低いシームレスなチーム体制で、頭頸部癌治療が行えています(図1)。外来診療に関しましては、原則すべての新患を30年以上の頭頸部癌診療実績を持つ益田と檜垣が診察に当たっております。多くの症例で受診当日に治療方針や手術の日程を決定することができます。カンファや他科との連携に時間がかかる大学病院とは違い、すべての症例(特に進行癌症例)で2-3週間以内に治療が開始できるように努めています。

 

 

頭頸部癌は、人が生きるために、そして社会生活を営むために必要な、息をする、食事をとる、味わう、声を出す、しゃべる、においをかぐといった機能を司る臓器に発生します。さらに整容的には、全身でもっとも露出され、否が応でも人目に触れる部位となります(図2)。頭頸部癌治療を行う場合に、ただ癌が治ればいいと言うわけではなく、治療後のQOLをいかに保つかが最大の課題となります。集学的な治療が進んだ現在でも、頭頸部癌を完治に導く最良の治療が手術である事には変わりがありません。複雑な解剖を持つ頭頸部・顔面深部・縦隔上部の手術に関しては詳細な解剖学的知識に加えて、3次元的な機能をイメージできる能力が必要です。手術に関しては形態温存のみならず、どのようにアプローチすれば最大限の機能が温存され、最終的な傷の仕上がりもきれいになるかを、予測するセンスも必要です。あらゆる外科手術の中で、最も職人的な経験と熟練の技が求められるアートな領域であると思っています。逆に言うと、医師の経験・技術の差が出やすい領域でもあります。当科には、大学病院を含めて、喉頭が温存できないといわれた頸部食道癌の方が来られます。2012年以降、18名の患者さんに喉頭温存手術をおこない良好な成績を収めています。当科のチーム力・技術力の高さの一端を示すものと考えております。


(図2)

 

医療はアートであるとともにサイエンスでもあります。当科では常に最新の情報に基づく医療を提供できるように努めています。基礎研究も行っており昨年度は神戸大学との共同研究により世界最速のマウス口腔癌モデルの作成にも成功し(図3)、さらなる研究を行っています。

 

診療内容

喉頭咽頭癌の治療原則と成績

 

 

 

生存率と機能温存を両立させるために、当科では手術と化学放射線療法の利点を最大限に生かす方法を採用しています。この20年間の間に、咽頭喉頭癌治療に臓器温存を目指した強度の強い放射線化学療法(CRT)が導入されました。70GYの放射線療法にシスプラチン(CDDP)100mg/m2を3週おきに3回(計300 mg/m2)入れる治療です。食道癌や肺がんと比較しても突出して強度が強い治療で、放射線科の医師からも、人間が耐えられる治療強度の限界に達していると指摘されるほどの治療です。当初は高い喉頭温存率が報告されていましたが、この治療を受けた4割強の方が、治療後3年以内に重篤な嚥下や呼気機能不全に陥ることがわかりました。誤嚥性肺炎などによる治療関連死のリスクも指摘されており、治療強度の適正化が求められています。当科では咽喉頭癌に対しては図4に示した様にCDDP 80mg/m2併用でCRTを40Gyおこない、50%以上の腫瘍縮小が認められればそのままCDDP 80mg/m2併用CRTを30Gy行い、腫瘍縮小が認められない場合には手術を勧める方針で治療を行っています。反応不良群には治療抵抗性の細胞が多く含まれ、そのままCRTを続けても腫瘍の残存・再発・転移が起こりやすくなるという、先行基礎研究の結果に基づいた治療法です。2016年以降、前向き研究としてこれまでに、160例にこの治療を行っています。84%の方が良好な反応を示し手術が回避できました。結果的にCDDP投与量も最大で160mg/m2と300 mg/m2の半分強ですんでいますが、この治療法を受けた患者さんは、94%の高い3年生存率と74%の機能する喉頭温存生存率を示しています。患者さんにとって適度な強度の治療で世界的に見ても良好な治療成績が得られていると考えています。

 

口腔癌の治療原則と成績

 

CRTでの根治が困難な口腔癌に関しては術後の機能に配慮した切除を行っています。切除範囲が広くなった症例に対しては、形成外科医による高レベルな機能再建術を基本原則としています。病理検査の結果ハイリスクとされた症例には術後CRTを行います。病院の性格上、進行癌症例が集中する傾向にありますが、2012年以降に当科で治療を行った舌癌の5年生存率は73%と良好です。舌を大きく切除した症例には遊離皮弁による再建を行い良好な形態機能の回復が可能となっています。骨の切除が必要な歯肉癌に関しては、ご自身の足の骨(腓骨皮弁)を移植する手術を行っています。術後の形態、かみ合わせをできるだけ正確に回復するために、術前にオーダーメイド3D模型を作成し再建にあたっています。写真(図5)の様に良好な結果が得られます。

 

上咽頭癌の治療原則と成績

上咽頭は、鼻のつきあたりの部位を指します。上咽頭癌は頭頸部癌のなかでも稀な疾患で、福岡県で上咽頭癌にかかる患者さんの数は、1年間で40人程度です。比較的進行するまで症状がなく、進行した状態で受診される患者さんが大半です。上咽頭の左右には耳があり、後上方に脳があり、前上方には眼があります。上咽頭癌が進行すると(1)鼻づまり(2)耳閉感・難聴(3)脳神経障害などがおこります。上咽頭癌はリンパ節に転移しやすい性質を有するため(4)頸部リンパ節腫脹を初発症状として上咽頭癌が見付かることもあります。解剖学的位置から、手術をするのが極めて困難な部位ですが、幸いないことに放射線や化学療法の感受性が高い癌であり、治療は放射線・化学療法が主体となります。Stage IIIまでの癌の生存率は良好ですが、半数の症例がStage IVを占めるため全体の5年生存率は54%です。

 

 

鼻副鼻腔癌の治療原則と成績

鼻及び、副鼻腔炎で炎症を起こす骨でできた空洞に生じる癌です。眼や脳に接した領域です。鼻副鼻腔癌の頻度は減少していますが治療に際しては顔面の整容や眼の形態機能温存が大きな問題になります。当科では形態機能に最大限の配意を行った切除と再建を行い術後に放射線化学療法を行う方針としています。超進行癌に対しては重粒子線治療を選択する場合もあります。StageI, II の早期癌の5年生存率は100%と極めて良好で、StageIVaでも75%の高い生存率が得られています。しかしながらStageIVbの超進行癌の成績が悪く全体の5年生存率は58%です。

 

唾液腺癌の治療原則と成績

唾液腺には大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)と口の中の粘膜に分布する小唾液腺がありますが、唾液腺腫瘍のほとんどは、おたふく風邪になったときに腫脹する耳下腺(70-80%)・顎下腺(20%程度)に発生します。耳下腺腫瘍の20%程度と顎下腺腫瘍の35%程度に悪性腫瘍が認められます。他領域の頭頸部癌のほとんどが扁平上皮癌であるのに対して、唾液腺癌は通常の放射線や抗癌剤が効きにくい腺癌です。このため治療の中心は手術切除となりますが、耳下腺の中を顔面神経が走行しているため顔面神経の温存が最大の問題となります。顔面神経麻痺を認めない症例に対しては極力顔面神経を温存する手術を行います。腫瘍浸潤のため麻痺が生じている場合には顔面神経を切断しますが、可能な限り即時顔面神経移植を行います。移植が困難な症例に関しては術後一定期間後に整容を整える手術を行っています。唾液腺癌は病理学的に低悪性度・高悪性度に分類されます。低悪性度の場合はほとんどの症例が手術のみで治癒しますが、高悪性度癌の場合は局所再発や遠隔転移を来すことが多く手術後に化学放射線療法を行っています。進行高悪性度癌で転移がない症例に関しては重粒子腺のよい適応となる場合もあります。5年生存率は早期癌で100%と良好ですが、進行癌症例が全体の8割近くを占めており、全体では45%です。

 

甲状腺癌の治療原則と成績

甲状腺は首の真ん中にあるホルモンを分泌する組織です。甲状腺悪性腫瘍の多くは乳頭癌や濾胞癌といった分化癌で、その他に低分化癌、未分化癌、髄様癌などが認められます。甲状腺癌は放射線や抗癌剤が効きにくく、そのため治療の中心は手術となります。甲状腺の内側には声帯の運動を司る反回神経が走行しているため、反回神経の温存が問題となります。反回神経麻痺を認めない症例に対しては、極力反回神経を温存する手術を行っています。腫傷の浸潤のため声帯麻痺が生じ、反回神経が温存出来ない場合には、可能な限り神経移植なども行っています。また縦隔内へ進展するような進行癌症例でも根治が望めることがあるため、積極的な手術加療を行っています。症例に応じては放射線ヨード治療が行われることがあります。髄様癌の中には遺伝性のものもあり、遺 伝子相談も行っています。治療困難症例に関しては分子標的薬による治療が行われます。当科における分化癌10年生存率は55歳未満で95%、55歳以上で65%です。未分化癌は2年生存率で17%と非常に予後不良です。

 

再発・転移症例の治療原則と成績

進行頭頸部癌の場合、一次治療後に一定の割合で再発・転移が起こります。4-5年前までは再発転移に対して手術切除ができない場合には、1年間生存することはとても困難な状況でした。しかしながら2017年3月に頭頸部癌で免疫チェックポイント阻害剤(ICI)が使用できるようになってから状況が一変しました。ICIの国際治験では34%・17%の1年および2年生存率が示され、驚きを持って受け止められましたが、当院で2017年4月以降にICIで治療した再発転移73症例の1年生存率は60%に達しています。通常あり得ないことですが、臨床試験を実臨床のデータが凌駕しています(図6)。主治医が再発転移を早期に発見できる検査体制と、毎日のカンファレスで迅速にICIおよびそれに続く最良の化学療法の選択を行っていることが、この成績につながっていると考えています。癌中核拠点病院の強みを生かして、新薬の国際治験や癌遺伝子パネル検査にも積極的に取り組んでいます。これ以上保険適応の選択肢がなくなった場合にも、可能な限り治療法を探索しています。再発に対して他院で手術ができないと言われた症例に関しても、リスクとベネフィットを十分に考慮した上で手術をお引き受けしており、完治・延命・QOLの改善を目指しています。

診療実績

放射線・化学療法症例数

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
放射線 25 24 28 47 23
化学療法 66 53 52 72 56
放射線+化学療法 78 70 77 74 88
合計 169 147 157 193 167

 

手術件数

  2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
総手術件数 246 266 245 250 243

※対象:2016~2020年手術症例

 

主たる手術

    2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
鼻副鼻腔癌 鼻副鼻腔癌手術 12 15 7 8 5
上顎部分切除他 10 15 4 8 5
上顎全摘 2 0 3 0 0
口腔癌 舌癌手術 25 22 31 29 29
再建あり 9 5 13 14 9
再建なし 16 17 18 15 20
中咽頭癌 中咽頭癌手術 21 14 21 11 17
再建あり 8 7 9 5 2
再建なし 13 7 12 6 15
下咽頭癌 下咽頭癌手術 19 25 24 16 24
咽喉頭摘出術 12 14 10 10 12
咽頭部分切除他 7 11 14 6 12
喉頭癌 喉頭癌手術 23 16 32 18 25
ラリンゴ 13 8 16 7 11
喉頭部分切除 0 3 11 2 9
喉頭全摘術 10 5 5 9 5
甲状腺癌 甲状腺癌手術 32 25 23 10 26
甲状腺全摘術 9 10 4 5 8
甲状腺半切他 23 15 19 5 18
唾液腺癌 唾液腺癌手術 13 6 12 6 10
耳下腺癌手術 11 2 9 2 4
顎下腺癌手術 2 4 3 4 6
頸部郭清術 89 57 80 72 79
その他の悪性腫瘍 31 41 42 56 64

※対象:2016~2020年一次例症例

治療期間目安

主な疾患の紹介時から治療までの期間

対象疾患 治療・検査内容 初診~入院までの期間:通常
口腔癌以外の癌 手術+再建 3~4週間
口腔癌以外の癌 化学放射線療法 1~2週間
進行口腔癌 手術+再建 3~4週間
早期口腔癌 手術 1~2週間
甲状腺・唾液腺腫瘍 手術 1~2週間

実施中の治験・臨床試験

  • 当科で実施中の治験はこちらをご覧ください。
  • 当科で実施中の臨床研究はこちらをご覧ください。

担当医表

受付時間 8時30分~11時
外来診察室 頭頸科(Aブロック)
初診(初めて)の方 代表番号 TEL 092-541-3231
再診(再来)の方 予約センター TEL 092-541-3262
※受診に関するお問い合わせについては上記にご連絡をお願いいたします。
※医師の学会出張や業務の都合による急な休診・代診が発生する場合がございます。
※初診時は絶食不要です。来院後は基本的に水分(水やお茶)のみ摂取可としていますが、食事をとりたい場合には必ずスタッフに確認をお願いいたします。

スタッフ紹介

統括診療部長

益田 宗幸

Muneyuki Masuda

頭頸科

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

頭頸科 医長

檜垣 雄一郎

Yuichiro Higaki

頭頸科

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

頭頸科 医長

藤 賢史

Satoshi Toh

頭頸科

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

頭頸科 医師

力丸 文秀

Fumihide Rikimaru

頭頸科

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

頭頸科 医師

佐藤 晋彰

Kuniaki Sato

頭頸科

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

頭頸科 医師

中野 貴史

Takafumi Nakano

頭頸科

耳鼻咽喉科、頭頸部外科

頭頸科 医師

黒木 圭二

Keiji Kuroki

頭頸科

耳鼻咽喉科

頭頸科 医師

宮﨑 孝

Takashi Miyazaki

頭頸科

耳鼻咽喉科

頭頸科 医師

宮城 慎平

Shinpei Miyagi

頭頸科

-

頭頸科 医師

東原 雅明

Masaaki Higashihara

頭頸科

-

Muneyuki Masuda

統括診療部長

益田 宗幸

Muneyuki Masuda

所属診療科
頭頸科
出身大学
北海道大学(平成2年)
専門分野

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

資格および活動

資格
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
日本頭頸部外科学会(頭頸部癌治療専門医、指導医)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)

 

活動
日本頭頸部癌学会(評議員)
日本頭頸部外科学会(評議員)
九州大学医学部臨床教授
嚥下医学会(評議員)
佐賀ハイマット国際重粒子センタ-頭頚部腫瘍検討班班員
九州頭頸部癌フォーラム(代表世話人)

Yuichiro Higaki

頭頸科 医長

檜垣 雄一郎

Yuichiro Higaki

所属診療科
頭頸科
出身大学
久留米大学(昭和60年)
専門分野

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

資格および活動

資格
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
日本頭頸部外科学会(頭頸部癌治療指導医)

Satoshi Toh

頭頸科 医長

藤 賢史

Satoshi Toh

所属診療科
頭頸科
出身大学
九州大学(平成5年)
専門分野

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

資格および活動

資格
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
日本頭頸部外科学会(専門医)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)

 

所属学会
日本頭頸部癌学会
日本嚥下医学会

Fumihide Rikimaru

頭頸科 医師

力丸 文秀

Fumihide Rikimaru

所属診療科
頭頸科
出身大学
福岡大学(平成7年)
専門分野

頭頸部外科・頭頸部腫瘍・耳鼻咽喉科

資格および活動

資格
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)
日本頭頸部外科学会(頭頸部癌治療専門医・指導医)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)

Kuniaki Sato

頭頸科 医師

佐藤 晋彰

Kuniaki Sato

所属診療科
頭頸科
出身大学
九州大学(平成23年)
専門分野

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

資格および活動

活動
日本耳鼻咽喉科学会
日本頭頸部癌学会
日本癌学会

Takafumi Nakano

頭頸科 医師

中野 貴史

Takafumi Nakano

所属診療科
頭頸科
出身大学
山梨大学(平成19年)
専門分野

耳鼻咽喉科、頭頸部外科

資格および活動

資格
日本耳鼻咽喉科学会(専門医)

Doctor Image Not Found

頭頸科 医師

黒木 圭二

Keiji Kuroki

所属診療科
頭頸科
出身大学
藤田医科大学(平成28年)
専門分野

耳鼻咽喉科

資格および活動

活動
日本耳鼻咽喉科学会
日本音声言語医学会
耳鼻咽喉科臨床学会

Takashi Miyazaki

頭頸科 医師

宮﨑 孝

Takashi Miyazaki

所属診療科
頭頸科
出身大学
九州大学(平成28年)
専門分野

耳鼻咽喉科

資格および活動

活動
日本耳鼻咽喉科学会
頭頸部外科学会

Shinpei Miyagi

頭頸科 医師

宮城 慎平

Shinpei Miyagi

所属診療科
頭頸科
出身大学
福岡大学(平成30年)
専門分野

-

資格および活動

-

Doctor Image Not Found

頭頸科 医師

東原 雅明

Masaaki Higashihara

所属診療科
頭頸科
出身大学
-
専門分野

-

資格および活動

-