代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 臨床研究センター > 組織 > 臨床腫瘍研究部

臨床腫瘍研究部

更新日:2021年4月1日

English

 

臨床研究と基礎研究とは、医学研究における車の両輪といえます。とくに、当施設のような診療機関に併設された研究所にとって、臨床研究はその研究活動の中心となります。臨床腫瘍研究部は、臨床研究の中でも、とくに介入をともなった臨床研究、すなわち臨床試験や治験を中心に、これらを支援・推進する研究部です。組織図に示されていますように、その中心となるのが、治験、臨床試験を支援・推進するためのオフィス、治験推進室・臨床試験推進室です。CRC薬剤師、CRC看護士、事務職員からなる同室が、院内でおこなわれるさまざまな治験、臨床試験をサポートしています。また、多様な疾患を対象とした治療薬の開発を迅速にすすめるには、臨床試験を実施できる診療科、医師間の連携が欠かせません。臨床腫瘍研究部のスタッフは、臨床試験を実施している主要な診療科の医師が併任でつとめているため、同部は、院内はもちろんのこと、関連施設もふくめた、臨床試験のネットワーク・センターとなっています。本研究部内には、治験推進室・臨床試験推進室に加え、抗がん剤等の薬物療法の臨床試験を研究する癌分子治療研究室と骨髄移植、免疫療法に関連した臨床試験を研究する腫瘍細胞療法研究室の2研究室が置かれています。


治験推進室・臨床試験推進室

治験推進室・臨床試験推進室は、院内で実施される治験、臨床試験を支援・推進するためのオフィスです。

詳細をみる

患者さんへ

当院では、さまざまながん治療薬に関連した治験、臨床試験を実施しています。

詳細をみる

治験を依頼される方へ

治験申請の受付は、治験推進室でおこなっております。迅速な実施に向けて、申請前の事前相談も随時おこなっておりますので、ご相談ください。

詳細をみる
 

受託研究を依頼される方へ

受託研究申請の受付は、薬剤部でおこなっております。迅速な実施に向けて、申請前の事前相談も随時おこなっておりますので、ご相談ください。

詳細をみる
 

臨床腫瘍研究部長
(不在)

治験推進室

室長紹介

岡本龍郎
Tatsuro Okamoto


研究内容

Research Goals

  • 治験による新薬の臨床開発(第I~III相試験)
  • 臨床試験による新規治療法の開発
  • 腫瘍生物学および臨床腫瘍学における科学的エビデンスの創出

Personal History

  • 1994年 九州大学医学部卒業
  • 1994年 九州大学第2外科入局
  • 1997年 九州大学大学院外科学分野入学
  • 1998年 九州大学大学院生化学第一教室
  • 2001年 九州大学大学院終了、学位取得
  • 2002年 国立病院機構九州がんセンター 呼吸器科医師
  • 2007年 Catalan Institute of Oncology, Medical Oncology Service, Research fellow
  • 2009年 千葉大学呼吸器外科 助教
  • 2011年 九州大学病院呼吸器外科2 助教
  • 2015年 九州大学大学院がん先端医療応用学講座 准教授
  • 2017年 大分大学医学部呼吸器・乳腺外科学講座 准教授
  • 2020年 国立病院機構九州がんセンター 呼吸器腫瘍科医長
               治験推進室・臨床試験推進室長併任

Scopes and Perspectives

従来の殺細胞性抗癌剤に加え、分子標的薬および免疫治療薬の発展により、現在がん治療の分野は急速に進歩しています。また一方で、がん患者さんの治療ニーズはますます増加・細分化しており、新規治療開発の質的・量的発展が必要となっています。九州がんセンターは、九州で唯一のがん専門病院として、治療開発においてもその医療資源を最大限に活用して、がん診療の進歩に貢献する使命があると考えます。


治験推進室・臨床試験推進室には現在、薬剤師・看護師・臨床検査技師などの臨床研究コーディネーター(CRC)計18名(うち7名は日本臨床薬理学会認定CRC)と3名のデータマネージャー、6名の事務員が配属されており、企業主導治験のみならず、医師主導治験、先進医療、医師主導臨床試験に対応できる体制をとっています。全国144の国立病院機構病院における当院の治験受託額はここ10年間常に上位を維持しております。


我々は当センターの理念である「病む人の気持ちを」第一に考え、最善の治療をいち早く患者さんに届けるために、新たな治療開発・臨床研究に取り組んでいます。
何卒ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。


代表的公刊業績

Selected publications

  1. Clinical impact of probiotics on the efficacy of anti-PD-1 monotherapy in patients with nonsmall cell lung cancer: A multicenter retrospective survival analysis study with inverse probability of treatment weighting.
    Takada K, Shimokawa M, Takamori S, Shimamatsu S, Hirai F, Tagawa T, Okamoto T, Hamatake M, Tsuchiya-Kawano Y, Otsubo K, Inoue K, Yoneshima Y, Tanaka K, Okamoto I, Nakanishi Y, Mori M.
    Int J Cancer. 2021 Mar 15.
  2. Mutational signatures in squamous cell carcinoma of the lung.
    Osoegawa A, Takada K, Okamoto T, Sato S, Nagahashi M, Tagawa T, Tsuchida M, Oki E, Okuda S, Wakai T, Mori M.
    J Thorac Dis. 2021;13:1075-1082.
  3. Clinical utility of pretreatment Glasgow prognostic score in non-small-cell lung cancer patients treated with immune checkpoint inhibitors.
    Takamori S, Takada K, Shimokawa M, Matsubara T, Fujishita T, Ito K, Toyozawa R, Yamaguchi M, Okamoto T, Yoneshima Y, Tanaka K, Okamoto I, Tagawa T, Mori M.
    Lung Cancer. 2021;152:27-33.
  4. Phase II study of vinorelbine plus carboplatin with concurrent radiotherapy in elderly patients with non-small cell lung cancer.
    Yamaguchi M, Hirata H, Ebi N, Araki J, Seto T, Maruyama R, Akamine S, Inoue Y, Semba H, Sasaki J, Okamoto T.
    Jpn J Clin Oncol. 2020;50:318-324.
  5. The Significance of CD44 Variant 9 in Resected Lung Adenocarcinoma: Correlation with Pathological Early-Stage and EGFR Mutation.
    Akamine T, Tagawa T, Ijichi K, Toyokawa G, Takamori S, Hirai F, Okamoto T, Oda Y, Maehara Y.
    Ann Surg Oncol. 2019;26:1544-1551.
  6. A phase II randomized trial of adjuvant chemotherapy with S-1 versus S-1 plus cisplatin for completely resected pathological stage II/IIIA non-small cell lung cancer.
    Okamoto T, Yano T, Shimokawa M, Takeo S, Yamazaki K, Sugio K, Takenoyama M, Nagashima A, Tsukamoto S, Hamatake M, Yokoyama H, Ueda H, Motohiro A, Tagawa T, Shoji F, Kometani T, Saito G, Fukuyama Y, Toyokawa G, Osoegawa A, Emi Y, Maehara Y; Kyushu University Lung Surgery Study Group (KLSS) Japan.
    Lung Cancer. 2018;124:255-259.
  7. Indoleamine 2,3-dioxygenase 1 and programmed cell death-ligand 1 co-expression correlates with aggressive features in lung adenocarcinoma.
    Kozuma Y, Takada K, Toyokawa G, Kohashi K, Shimokawa M, Hirai F, Tagawa T, Okamoto T, Oda Y, Maehara Y.
    Eur J Cancer. 2018;101:20-29.
  8. Clinical and Genetic Implications of Mutation Burden in Squamous Cell Carcinoma of the Lung.
    Okamoto T, Takada K, Sato S, Toyokawa G, Tagawa T, Shoji F, Nakanishi R, Oki E, Koike T, Nagahashi M, Ichikawa H, Shimada Y, Watanabe S, Kikuchi T, Akazawa K, Lyle S, Takabe K, Okuda S, Sugio K, Wakai T, Tsuchida M, Maehara Y.
    Ann Surg Oncol. 2018;25:1564-1571.
  9. Clinical implications of the novel cytokine IL-38 expressed in lung adenocarcinoma: Possible association with PD-L1 expression.
    Takada K, Okamoto T, Tominaga M, Teraishi K, Akamine T, Takamori S, Katsura M, Toyokawa G, Shoji F, Okamoto M, Oda Y, Hoshino T, Maehara Y.
    PLoS One. 2017;12:e0181598.
  10. 10. Clinical Significance of DNA Damage Response Factors and Chromosomal Instability in Primary Lung Adenocarcinoma.
    Okamoto T, Kohno M, Ito K, Takada K, Katsura M, Morodomi Y, Toyokawa G, Shoji F, Maehara Y.
    Anticancer Res. 2017;37:1729-1735.

臨床試験推進室

室長紹介

江﨑泰斗
Taito Esaki


研究内容

Research Goals

  • 治験・臨床試験による新薬の臨床開発
  • 早期・探索的臨床試験(First in human試験を含む第I相試験)の推進およびバイオマーカーの開発

Personal History

  • 1988年 九州大学医学部卒業
  • 1988年 九州大学医学部第一内科入局
  • 1996年 米国メモリアルスローンケタリングがんセンター リサーチフェロー
    (Molecular Therapeutics Lab.)
  • 1997年 学位取得(医学博士)
  • 2003年 国立病院九州がんセンター化学療法科医長
    (現 国立病院機構九州がんセンター消化管・腫瘍内科医長)
  • 2011年 同臨床研究センター臨床腫瘍研究部 分子治療研究室室長併任
  • 2012年 消化管・腫瘍内科部長、臨床研究センター臨床腫瘍研究部
    治験推進室・臨床試験推進室長併任
  • 2012年 臨床研究センター臨床腫瘍研究部分子治療研究室室長(併任)へ異動

Scopes and Perspectives

 近年抗悪性腫瘍薬は、従来の「殺細胞性抗がん薬」のみならず、がん細胞の増殖に関わる諸因子(分子)を特異的に阻害する「分子標的治療薬」の開発には目覚ましいものがあります。多くの癌腫で分子標的薬を用いた個別化医療が行われるようになり、著しい生存期間の延長に寄与しています。
基礎研究で開発された新薬の候補は、in vitro, in vivoの前臨床試験、臨床試験を経て疾患の治療へと導入されます。九州がんセンターでは治験管理室を中心に新薬の治験(I, II, III相試験)、製造販売後臨床試験に積極的に取り組んできました。2011年度に臨床研究部が臨床研究センターへ昇格したことに伴い、治験管理室は治験推進室・臨床試験推進室へと名称変更されました。


治験推進室・臨床試験推進室には現在、薬剤師・看護師・臨床検査技師などの臨床研究コーディネーター(CRC)計18名(うち7名は日本臨床薬理学会認定CRC)と3名のデータマネージャー、6名の事務員が配属されており、企業主導治験のみならず、医師主導治験、先進医療、医師主導臨床試験に対応できる体制をとっています。全国144の国立病院機構病院における当院の治験受託額はここ10年間常に上位を維持し、CRCの仕事内容の正確さが治験依頼者より高く評価されています。治験契約課題数は年間100件前後となり、この内約半数はglobal試験です。これはFDA(アメリカ食品医薬品局)の査察に対応し、かつICH-GCP(日米欧医薬品規制調和会議で合意されたGCP)での対応が必須ということであり、良質な臨床試験の遂行が求められます。
治験・診療研究推進室では、院内他部門のスタッフと緊密な連携の元、院内すべての臨床研究業務に対応し、有効な治療法、薬剤を早く患者さんの手元に届けられるよう努力していきます。


代表的公刊業績

Selected publications

  1. Phase I dose-escalation study of capmatinib (INC280) in Japanese patients with advanced solid tumors.
    Esaki T, Hirai F, Makiyama A, Seto T, Bando H, Naito Y, Yoh K, Ishihara K, Kakizume T, Natsume K, Myers A, Doi T.
    Cancer Sci. 2019 Apr;110(4):1340-1351
  2. Phase 1 trial of avelumab (anti-PD-L1) in Japanese patients with advanced solid tumors, including dose expansion in patients with gastric or gastroesophageal junction cancer: the JAVELIN Solid Tumor JPN trial.
    Doi T, Iwasa S, Muro K, Satoh T, Hironaka S, Esaki T, Nishina T, Hara H, Machida N, Komatsu Y, Shimada Y, Otsu S, Shimizu S, Watanabe M.
    Gastric Cancer. 2019 Jul;22(4):817-827
  3. Phase II trial of aflibercept with FOLFIRI as a second-line treatment for Japanese patients with metastatic colorectal cancer.
    Denda T, Sakai D, Hamaguchi T, Sugimoto N, Ura T, Yamazaki K, Fujii H, Kajiwara T, Nakajima TE, Takahashi S, Otsu S, Komatsu Y, Nagashima F, Moriwaki T, Esaki T, Sato T, Itabashi M, Oki E, Sasaki T, Sunaga Y, Ziti-Ljajic S, Brillac C, Yoshino T.
    Cancer Sci. 2019 Mar;110(3):1032-1043.
  4. Long-term effects of crizotinib in ALK-positive tumors (excluding NSCLC): A phase 1b open-label study.
    Gambacorti-Passerini C, Orlov S, Zhang L, Braiteh F, Huang H, Esaki T, Horibe K, Ahn JS, Beck JT, Edenfield WJ, Shi Y, Taylor M, Tamura K, Van Tine BA, Wu SJ, Paolini J, Selaru P, Kim TM.
    Am J Hematol. 2018 May;93(5):607-614.
  5. Napabucasin versus placebo in refractory advanced colorectal cancer: a randomised phase 3 trial.
    Jonker DJ, Nott L, Yoshino T, Gill S, Shapiro J, Ohtsu A, Zalcberg J, Vickers MM, Wei AC, Gao Y, Tebbutt NC, Markman B, Price T, Esaki T, Koski S, Hitron M, Li W, Li Y, Magoski NM, Li CJ, Simes J, Tu D, O'Callaghan CJ.
    Lancet Gastroenterol Hepatol. 2018 Apr;3(4):263-270
  6. LJM716 in Japanese patients with head and neck squamous cell carcinoma or HER2-overexpressing breast or gastric cancer.
    Takahashi S, Kobayashi T, Tomomatsu J, Ito Y, Oda H, Kajitani T, Kakizume T,Tajima T, Takeuchi H, Maacke H, Esaki T.
    Cancer Chemother Pharmacol. 2017 Jan;79(1):131-138.
  7. Safety and tolerability of AZD5363 in Japanese patients with advanced solid tumors.
    Tamura K, Hashimoto J, Tanabe Y, Kodaira M, Yonemori K, Seto T, Hirai F, Arita S, Toyokawa G, Chen L, Yamamoto H, Kawata T, Lindemann J, Esaki T.
    Cancer Chemother Pharmacol. 2016 Apr;77(4):787-95.
  8. Comparison of two different S-1 plus cisplatin dosing schedules as first-line chemotherapy for metastatic and/or recurrent gastric cancer: a multicenter, randomized phase III trial (SOS).
    Ryu MH, Baba E, Lee KH, Park YI, Boku N, Hyodo I, Nam BH, Esaki T, Yoo C, Ryoo BY, Song EK, Cho SH, Kang WK, Yang SH, Zang DY, Shin DB, Park SR, Shinozaki K,Takano T, Kang YK; SOS study investigators..
    Ann Oncol. 2015 Oct;26(10):2097-101.
  9. Phase I, dose-escalation study of AZD7762 alone and in combination with gemcitabine in Japanese patients with advanced solid tumours.
    Seto T, Esaki T, Hirai F, Arita S, Nosaki K, Makiyama A, Kometani T, Fujimoto C, Hamatake M, Takeoka H, Agbo F, Shi X.
    Cancer Chemother Pharmacol. 2013 Sep;72(3):619-27.
  10. Phase I Study to Assess the Safety, Tolerability and Pharmacokinetics of AZD4877 in Japanese Patients with Solid Tumors.
    Esaki T, Seto T, Ariyama H, Arita S, Fujimoto C, Tsukasa K, Kometani T, Nosaki K, Hirai F, Yagawa K.
    Arch Drug Inf. 2011 Jun;4(2):23-31.

癌分子治療研究室

(不在)

腫瘍細胞療法研究室

(不在)