代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







ホーム > 医療安全管理部 > 活動内容

活動内容

更新日:2022年5月25日

活動内容

1.医療安全管理室の活動
1)医療安全管理委員会、セーフティーマネジメント部会:各1回/月実施し、医療事故の発生防止に関する具体的かつ効果的な対策の確立のための取り組み等を行っています。
2)医療安全ミーティング:医療安全管理室メンバーで1回/週行い、医療安全対策に係る事例の検討や取り組み状況の評価を行っています。
3)医療安全ラウンド:セーフティーマネジメント部会メンバーが21部門に対して実施することで、他者チェックにより常に安全に対する意識を持ち環境を整えることができるよう、風土作りを行っています。
 
2.Safety-IからSafety-IIへ(インシデント報告について)
 安全は伝統的に「物事が悪い方向へ向かわない状態」(Safety-I)として定義され、それに対する多種多様な取り組みがなされてきました。しかし、日々の複雑な業務を多職種で行っている医療の現場では、このような安全のとらえ方だけでは不十分であると言えます。当院では、安全を伝統的な旧来の考え方から、「物事が正しい方向へ向かうことを保証する」(Safety-II)という新たな考え方への変革を促すことに取り組んでいます。
 具体的には、「日常業務の大部分はうまく行われていることであり、うまく行われていることから学ぶ」(safetyーII)という考え方を取り入れて、「誤った行為が発生したが実施されず予防できた事例(レベル0)」通称「はなまるレポート」の報告を推進し、日々の業務において、なぜうまくいったのか、なぜアクシデントにつながらなかったのかを振り返り、活用する取り組みを行っています。
 
3.取り組み
1)医療安全管理マニュアルの作成
 医療安全を構築するためのシステムやマニュアルを作成し、職員がこれを遵守することにより、患者さんの安全と医療の質の確保に努めます。なお、医療事故防止の取り組みをまとめた「医療安全管理規定」はどなたでも閲覧できるように院内の1階患者図書室、各階デイルームに設置しております。
2)改善策の実施状況調査
 マニュアルや改善策がきちんと実施されているか調査し、院内巡視を行い安全な医療が提供されているかを評価します。
3)医療安全研修会の開催
 新規採用職員や院内全職員対象に定期的な安全研修を実施しています。
4)医療事故調査制度について
 医療事故発生時は速やかに医療安全管理委員会、医療事故審議委員会を招集し、患者さんやご家族への対応を行います。
 
4.患者相談窓口
 患者さんやご家族からの疾病に関する質問・相談に対し関係部門と連絡・調整を行い速やかな対応をしています。患者・家族支援センターまでお問い合わせください。
 
5.患者さんへお願いしたいこと
 お名前の確認:患者参加型医療の推進 として患者さんに名乗って頂き確認をしています。
 ネームバンド の装着:患者間違いを防止する目的で、患者さんにもご協力頂いています。
 
6.日本医療機能評価機構への報告
 当院は、(財)日本医療機構評価機構の医療事故情報収集事業に参加登録しており、同機構へインシデント事例数と事故事例を報告しています。

活動実績

令和3年度

  • 医療安全対策地域連携加算に係る病院間相互チェック(福岡病院、福岡整形外科病院と実施)
  • 5月26日 静脈注射スキルアップ講座、高圧注入対応ポート安全講座
  • 5月 9月 1月 3月 医療安全院内ラウンド
  • 7月21日 救急蘇生研修
  • 9月2日   医療機器安全講座(人工呼吸器、カプノメータ、医療ガスの取り扱いについて)
  • 6月    医療安全職員研修『医療安全てポジティブ?ネガティブ?』
  • 12月    医療安全職員研修『がんと自殺~私たちができること~』