代表番号

092-541-3231 092-557-6100

受付時間 : 平日 8:30~17:15

予約センター

092-541-3262

受付時間 : 平日 8:30~16:00

新患受付時間 8時30分~11時
休診日 土・日・祝日
年末年始
面会時間 平日:14時~19時
休診日:11時~19時
アクセス 交通アクセス
GoogleMap 地図
お問い合わせはコチラ







MENU

ICTについて

更新日:2022年3月10日

 

ICTとはインフェクションコントロールチーム(Infection Control Team)の略称で、患者・家族、職員の安全を守るため、感染対策の専門的な知識や経験を持つ医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職など多職種が横断的にチームで活動をしています。

 

 

感染管理部長あいさつ

感染管理部について

 感染管理は、病院内での感染流行の予防を目的とした取り組みのことです。感染制御チーム(ICT)を中心に院内の多職種が共同して取り組む活動として、病院の基本的な医療安全管理体制の一つをなします。ICTは、感染管理医師(ICD)、感染管理看護師(ICN)、感染制御専門薬剤師(ICPH)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)などから構成され、日々院内の、感染症発生状況の監視、感染拡大の予防対策の立案、手洗いを中心とした標準予防策の啓発、必要に応じて隔離予防策(空気感染隔離、飛沫感染隔離、接触感染隔離)の実施、清掃・消毒・滅菌の指導、個人用保護具の調達、医療従事者への予防接種実施の判断などを行っています。

 2019年に発症したCOVID-19は、世界的にパンデミック(感染爆発)を引き起こし、人類史に多大な影響を及ぼしました。未だに、いつ収束に向くのか見当がつかない状況です。
 がん患者さんが、万一、COVID-19に罹患すると、手術・化学療法・放射線療法などを受けられた場合、重症化すると言われています。
 がん治療を受けたけれど、COVID-19が悪化し、それで命にかかわる重篤に陥った、とか何かしら後遺症を生んでしまうようではいけません。そこで、当院では、患者さんが安心してがん診療が受けられるよう、入院患者さんを対象にPCR検査を受けて頂いています。陰性の場合は、通常通り入院していただきますが、陽性の場合は、入院を延期していただき、管轄の保健所の指示にて対応しています。
 その他、院内でウイルスが蔓延することのないような対策を実施しています。患者さんが安心して受診、入院できるよう、個室を利用してもらったり、感染者と非感染者が交差しない人の移動経路の確保等の感染予防対策を徹底しています。

 我々、感染管理部は、皆さんが安心して通常のがん診療が受けられるように、院内に限らず、保健所や福岡市、福岡県などの行政、医師会、関係医療機関と協力しながら、地域の医療施設の感染対策推進にも助言と支援を含めた活動を行っています。

2022年3月
文責 副院長(感染管理部長) 古川 正幸